本当の料理上手は手入れ上手

鍋や包丁を自分でお手入れをして長く使うために

「料理」を楽しむ人たち

職人の作る一品ものの鍋や包丁は、料理が好きな人たちにとって憧れの一品でしょう。 それらはホームセンターなどで売っている量産品に比べて何倍の値段、モノによっては何十倍の値段になるものもあるのです。 だからこそ、手に入れることが出来たのならば、大切に手入れを続けて長く使うことが大切なのです。

鍋の種類いろいろ

いい鍋は手入れをしながら大切に使えば何十年も使えるといいます。 プロの料理人の人たちの中には、修行している時代から一つの鍋を大切に手入れをしながら使用している人もいると聞きます。 ホームセンターにいけば、いつでも新しい鍋が手に入る時代に、一つの鍋を使い続けるということは、どんな意味があるのでしょう。

包丁を使う時

鍋と同じように包丁も料理には欠かせません。 実は包丁の切れ味と料理の出来には大きな関係があることをご存知でしょうか。 野菜や肉などの材料は、切り方によって味や舌ざわりなど大きく変わるといいます。 では、どんな包丁でどんな手入れをしていればいいのでしょうか。

自分だけのものに出会おう

料理をする人…と言われてまず思いつくのは、家庭の主婦ではないでしょうか。
日に三度三度、家族のために作ってくれる料理が自分の原点だという人も多いでしょう。
また、レストランのシェフなどプロの料理人も当然です。

最近では職業、性別関係なく料理を楽しむ人が増えています。
日本では珍しい外国の食材や調味料を使い、味にも見た目にもこだわる。
盛りつけや器はもちろん、ランチマットも全てコーディネイトをして、まるでカフェかと間違えてしまいそう。
出来上がった料理は写真にとり、インスタで世界に発信。
食事はただ栄養をとるだけのものではない。
料理、食事も全て自分のライフスタイル。

かたや、実用重視、簡単重視。
とにかく時短、手順も手短に。
鍋もフライパンも使わず、電子レンジで加熱。
食事や料理に必要以上の手間をかけたくない、またはかける時間がない。

まさに料理に向かう姿勢は千差万別です。
しかし、どんな人であれ料理をするための道具は生活に欠かすことができません。
最近ではオーブンで揚げ物が出来たり、専用電子鍋で煮物が放っておいても出来たり。
どんどん便利な調理家電が発売されています。
しかし、どんな調理家電でも、それだけで全ての料理を賄うことはできません。

材料を包丁で切る、鍋で煮る。
当たり前のその行為は、人が料理を作り続ける限りなくなることはないでしょう。
それだけに、鍋や包丁との付き合い方は、自分たちが思っているよりもずっと大切なことなのです。